引越し大物のみの運搬が安いのは?

引越しで大物のみの家具や家電だけを安く運んで欲しい!

引越しで大物のみの家具や家電だけを依頼するのは、費用を節約するためにとっても賢い方法です。

 

しかし、どこが一番安いのかって分かりにくいですね。
たとえ大型家具だけの引越しでも業者によっては他社間で比較した場合、倍近く料金が跳ね上がってしまう事もあるんです。

 

相場も分かりづらく、最安値業者も見えない。
格安業者を見つける為に、こんな時こそ、利用すべきサービスが一括見積もりです。

 

 

大物のみの引越し荷物が安い業者を早速、調べてみる⇒⇒
(かんたん1分。料金相場もすぐ分かる。無料の引越し価格ガイド。)

 

 

もちろん、安いだけではダメで、大切な荷物ですから保証面もしっかりしていないといけませんし、
大きい荷物なら、引越し当日に専用の資材で梱包してくれる業者を選ばないといけません。

 

料金だけでなく、サービス内容もしっかり比較しないといけませんね。

 

 

今ではこういった大物だけの荷物を引越しする方も増えてきているので、業者でも用意しているプランが多くなってきています。

 

例えば、
  • クロネコヤマトのラクラク家財宅急便や
  • アーク引越センターの大物限定プラン、
  • 佐川にも単品輸送プランといったものもあります。

 

だけど、色々な業者に1社ずつ連絡を取り、サービス内容を聞き、引越し日に配送できるか確認を取りつつ、見積もりを出してもらうのはとっても大変ですね。

 

しかし、今なら1度の入力で大物の引っ越しに対応できる複数の業者から見積もりを出してもらえるのが引越し一括見積もりサイトです。

 

ただの料金比較サービスだけではなく、業者さんもお互いに値引き競争をしてくれるので、最初からギリギリの価格を提示してくれる事にもつながります。

 

引越しで大物のみの運搬なら安いのはどこ?

 

もちろん、ご利用料は無料ですし、知名度の高い大手引越し業者がズラリと参入しているので、いくらぐらいかかるのかチェックするためにも役立ててみてください。

 

運送の大手も参加中!全国対応の一括見積もりサービス(完全無料)

 

引越し侍
引越し侍の一括見積もりサービス

見積もり比較で最大50%安くなる!引越し侍は、ご利用者の実績が2700万件越えの今人気の無料一括見積もりサービスです。

 

大手では、日通やアートを含む最大手〜地元に強い格安の業者まで料金の比較が可能です。

 

全国270社の中から最大で10社まで見積もりが出来るので最安値の業者も見えてきます。

 

ご利用者には10万円が当たるキャンペーンから、家電がもらえる抽選も期間限定で行われています。

 

参加業者 最大見積もり比較数 運営会社
270社 最大10社 潟Gイチーム
ズバット引越し比較
ズバット引越し比較 ズバット比較はクロネコヤマトや日通といった運送のプロから、サカイ引越センターやハート引越センターなど引越しの大手まで多数参加しています。

 

利用者数は560万人突破中で、提携している業者より無料プレゼントが豊富にご用意されています。

 

また、特典として10万円のキャッシュバックやクーポン割引券がもらえるキャンペーンやってます。

 

参加業者 最大見積もり比較数 運営会社
220社 最大10社 潟Eェブクルー
ライフル比較
ライフル引越し比較 ライフル比較の特徴は、家具のみのような少しの荷物運搬を得意とする赤帽が参加している唯一の一括見積もりサービスです。

 

参加業者は130社と少なめですが、クロネコからアリさんマークの引越社まで大手は参加しています。

 

また、見積を取りたい業者の選択が出来るので、1、2社だけの料金を調べたい場合にも便利です。

 

参加業者 最大見積もり比較数 運営会社
130社 お好きなだけ選択可! 貝IFULL

 

ご利用料は全部無料です!大物の運賃相場を調べるためのご利用でも大丈夫なので、大体の目安を知るためにもお役立て下さい!

 

大物だけの引越しをさらに安くするには?

 

大物引越しの見積もり

 

業者間の料金比較以外にもさらに運賃を安くする方法もあります。

 

大物引越しを安くするポイント1たとえば、業者のトラックが空いている時間帯に日時を変更するといった方法が安くするコツです。

 

業者も忙しい時期だとお客さんが尽きる事が無いため強気の料金設定をしてきます。
しかし、空き時間が増えてくると、今度は一変して予約を入れるために激安特価になることもあります。

 

ポイントとしては、見積もり時にフリー便だといくら安くなるのか尋ねてみてください。

 

 

大物引越しを安くするポイント2他にも、大物の荷物だけであれば、

  • ある程度まとまった荷物を運ぶ、おまとめ便や、
  • JR貨物を利用したコンテナ輸送

も運送コストを抑える事が出来る為、格安になります。

 

デメリットとしては荷物が集まるまで出発できないため、引越し予定日から1週間前後余裕がある方ならお勧めの方法です。

 

大物引越しを安くするポイント3もし、同市内の近距離での引っ越しなら、

  • 赤帽や
  • 便利屋さん

に依頼する事で格安に出来る場合もあります。

 

赤帽は基本料金が4,950円〜で、便利屋さんはお手伝いだけなら3,000円〜依頼できます。

 

デメリットとしては、お客様のお手伝いが必要な事や、家財を梱包せずにむき出しで運んでしまうこともある点です。
営業所ごと、スタッフごとにスキルが異なれば梱包資材も必ず保有している訳ではないので、事前の打ち合わせが必須です。

 

ただ、条件さえ合えば引越し業者や運送業者よりも安く運搬は出来ます。

 

 

数社比較しただけでもそれぞれのプランがあり、節約するための色々な方法があるので1社だけで決めずに、複数社での見積もりをお勧めします。

大物の家具や家電の搬出・搬入は可能ですか?

大物の家具や家電を運ぶ時には事前に注意しなければいけないのが荷物のサイズ確認です。

 

曖昧な情報だけで契約してしまうと引越し先で間取りの関係や家具サイズが大きすぎて入らないという事態にもなりかねません。

 

大物家具のサイズ確認玄関の幅や高さから廊下、また設置場所のスペースまで運搬する荷物より余裕がしっかりとれるか確認をして下さい。

 

特に注意すべき家財は、

  • 大型のソファー
  • 解体が出来ないベッドのフレーム(接着剤で留めてあるなど)
  • 婚礼タンス

 

2階に搬入する場合では、階段を通せないケースだと荷物を吊り上げて入れるため、クレーン車を利用する場合もあります。

 

 

大型家具のつり上げ作業

 

この場合は窓を取り外して入れる為、搬入口の養生も必要となり、コミコミで追加料金となり

  • 人力で上げれる場合は、1万5千円〜2万円ほど
  • クレーン車で上げる場合は、3万円〜5万円ほど

の追加料金が発生してしまいます。

 

(作業内容の変更となり請求可能と引越し約款にて記載されています。)

 

もしこういったレアケースに対応できない業者だと、他の業者を紹介して作業終了とする場合もあるため必ず確認をするようにして下さい。

 

またサイズに不安はあるものの、調べるのは面倒だという方は間取り図を用意して、見積もり時にしっかりと営業スタッフと打ち合わせを行うようにして下さい。

 

せっかく運んでも処分となったら何のためにお金を支払ったのか分からなくなるため、準備を怠らないようにしましょう。